基本情報

写真a

若松 養亮

WAKAMATU YOSUKE


職名

教授

学系

教育学系

生年

1963年

研究分野・キーワード

進路選択

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.edu.shiga-u.ac.jp/~wakamatu/labo/

プロフィール

【研究活動】主として本学部学生を対象として、大学生の進路意思決定のメカニズムと、そこで妨害的に作用する諸要因の検討を行なっている。1999年度調査のデータを「教育心理学研究」への投稿論文としてまとめ、採択・掲載された。2000〜2002年度分については、「青年心理学研究」に投稿論文としてまとめ、採択・掲載された。今後は、その後のデータと合わせて、博士論文へとまとめる予定である。また学会における会員以外の活動としては、日本キャリア教育学会と日本青年心理学会において編集委員(後者は常任編集委員を07年4月より)を務め、投稿論文の査読を行っており、また青年心理学会においては常任理事も務めている。 【教育活動】主として職業指導の免許のための科目として、進路指導の概説から実践的な教材の開発とその活かし方まで複数の講義で幅広く解説している。また教科情報の必修科目「情報と職業」、大学院生を対象とした生徒指導に関する講義、および学校心理学専修の学生対象の実験および論文指導にも関わっている。今後は、各領域をさらに実践的に、また最先端の動向に沿ったものにしていく。 【学内行政職務】入試運営委員会、入試プログラム委員、情報処理センター分室運営委員、教育改革推進委員など

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  教育学部  教育心理学

    大学,1986年,その他,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  教育学研究科  教育心理学

    博士課程,1994年,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学),教育心理学,東北大学,論文,2009年01月, 大学生の職業・進路未決定の教育心理学的研究−一般学生における意思決定遅延の解明−

  • 教育学修士,教育・社会系心理学,東北大学,課程,1988年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,講師,1995年04月 ~ 1999年03月

  • 滋賀大学 教育学部,助教授,1999年04月 ~ 2007年03月

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2010年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 教授 その他の部署,教授,2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会,日本

  • 日本キャリア教育学会,2001年,日本

  • 日本青年心理学会,2006年,日本

  • 日本教育心理学会,2006年,日本

  • 日本青年心理学会,2007年,日本

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 教員養成学部学生における進路意思決定の研究,1995年04月 ~ 継続中

    教員養成 教職 意思決定,教育心理学,個人研究

    2014年度より基盤研究助成(C)を取得し、研究を続行している。

  • 青年期における進路未決定について,1986年04月 ~ 継続中

    進路意思決定 青年期 進路未決定,社会福祉学,個人研究

    2009年にこの課題について学位論文を執筆し、学位を取得した。2012年より風間書房よりその成果を単著にて出版した。

論文 【 表示 / 非表示

  • 教員養成学部4年次生における教職の選択・棄却の意思決定,滋賀大学教育学部紀要第67号,67巻 (頁 219 ~ 229) ,2018年03月,若松養亮

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,教育心理学

  • 志望進路への適合性の評価観点と進路未決定:文科系大学生を対象として,キャリア教育研究,32巻 1号 (頁 21 ~ 29) ,2013年09月,若松養亮

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 教員養成学部生における教職志望の変動要因,滋賀大学教育学部紀要 教育科学,62巻 (頁 87 ~ 97) ,2013年03月,若松養亮

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • キャリア教育への招待:学校心理士が知っておくべきこと,日本学校心理士会年報,3巻 (頁 23 ~ 30) ,2011年06月,若松養亮

    研究論文(学術雑誌),単著

  • キャリア形成支援によるフリーターのキャリア自立−支援者へのヒアリングに基づくキャリア自立プロセス・モデル構築の試み−,キャリア教育研究,28巻 2号 (頁 47 ~ 56) ,2010年03月,川崎友嗣・若松養亮・安達智子・白井利明・下村英雄

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 君の悩みに答えよう,福村出版,2017年11月,大野久・小塩真司・佐藤有耕・白井利明・平石賢二・溝上慎一・三好昭子・若松養亮

    単行本(一般書),「勉強が嫌いだから、高卒で就職しようと思います」「就活に勝てる自己分析とは」就職の前に院でもう2年という選択は正解でしょうか」の3項。他に第3章「進路・就職」の編集も行った。,共編著,教育心理学

  • 詳解 大学生のキャリアガイダンス,Kaneko Publishing,2012年,下村英雄

    その他,共編著

  • 大学生におけるキャリア選択の遅延,Kazama Publishing,2012年,その他の著者

    その他,単著

  • フリーターの心理学,77-101,2009年,白井利明・川崎友嗣・下村英雄・安達智子

    その他,分担執筆

  • よくわかる青年心理学,114-129,2006年,白井利明、岡田 努、柏尾眞津子、河野荘子、小林亮、谷 冬彦、平石賢二、山口昌澄、山野晃、若松養亮

    その他,分担執筆

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • キャリア教育に関する研究と実践の倫理をめぐって-近年の動向と学会の姿勢を考える-,日本キャリア教育学会,キャリア教育研究,35巻 2号 (頁 75 ~ 79) ,2017年03月,古川雅文・渡部昌平・若松養亮・川﨑友嗣

    総説・解説(学術雑誌),論文等を発表するにあたって注意すべきこと-基本的事項の確認と新たな趨勢に照らして-,共著,教育学

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本発達心理学会第29回大会,国内会議,2018年03月,東北大学,大学生における「楽しく働きたい」の意味,ポスター(一般),教育心理学

  • 日本発達心理学会第29回研究大会,国内会議,2018年03月,東北大学,国際化・流動化時代における成人期発達研究の課題と展望,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),教育心理学

  • 日本キャリア教育学会第39回研究大会,国際会議,2017年10月,上越教育大学,教員養成学部4年次生の意思決定とその揺らぎへの対処-教職に決めるか否かに着目して-,口頭(一般),教育心理学

  • 日本キャリア教育学会第39回研究大会,国内会議,2017年10月,上越教育大学,キャリア教育研究ライブ:論文投稿への力強い一歩,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名),教育心理学

  • 日本教育心理学会第59回総会,国内会議,2017年10月,名古屋国際会議場,教育学部生の教職志望意識と自己・他者・職業への信頼,ポスター(一般),教育心理学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究論文奨励賞,2003年,その他の賞,日本,日本進路指導学会

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 次代を担う生徒のキャリア教育推進事業,委員,2018年04月 ~ 2021年03月

  • 日本青年心理学会,編集委員長,2017年04月 ~ 継続中

  • 日本キャリア教育学会,学会誌常任編集委員,2017年01月 ~ 2019年03月

  • 日本青年心理学会,編集委員,2014年04月 ~ 継続中

  • 滋賀県立高校キャリア形成支援事業,委員,2014年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 教職への意思決定における内的ワーキングモデル理論の構築-社会心理学視点も加えて-,基盤研究(C),2014年04月 ~ 2019年03月

  • フリーターのキャリア自立,基盤研究(B),2005年04月 ~ 2007年03月,日本学術振興会

    大学卒のフリーターが正規の職に就く、またはそれを目標に行動を起こすためのメカニズムや有効な支援を調査研究から検討した。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 心理学研究法Ⅱ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 心理学基礎Ⅰ,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 生徒指導と進路指導,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 教職実践演習(教諭),2018年10月 ~ 2019年03月

  • 測定と評価Ⅱ,2018年10月 ~ 2019年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 3年間の指導計画に職場体験を位置づけた系統的なキャリア教育の推進について,2017年02月

  • 教職探究講座における講師,2016年12月

  • 長浜北高校からの要請を受けての高大連携の講義,2016年09月

  • 米原市教育委員会からの要請を受けての研修会講師,2016年02月

  • 教職探究講座における講師,2015年12月

全件表示 >>