基本情報

写真a

岳野 公人

Takeno Kimihito


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学校教育,教科教育学,兵庫教育大学,課程,2003年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2013年04月 ~ 2015年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2015年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Examination of STEM Education Program Using a Growth Test on Komatsuna,American Journal of Educational Research,5巻 3号 (頁 256 ~ 261) ,2017年03月,Yusuke Takada, Kimihito Takeno, Takekuni Yamaoka

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Developing and Evaluating Elementary-Level Teaching Materials “Magnetic Top”,American Journal of Educational Research,5巻 2号 (頁 189 ~ 195) ,2017年03月,Takekuni Yamaoka, Kimihito Takeno, Shinichi Okino, Shinji Matsumoto

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Evaluation of Marine Education’s Effect in Elementary and Junior High Schools—Analysis of the Value Consciousness Using Text Mining,American Journal of Educational Research,5巻 1号 (頁 76 ~ 81) ,2017年02月,Kyoko Matsumoto, Kimihito Takeno, Makoto Urata, Michio Matsubara, Takahiro Kato, Nobuo Suzuki, and Kazuichi Hayakawa

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 「K-12 科学教育のためのフレームワーク」に基づいた 結晶構造モデルに関する実践授業,電気学会論文誌 A(基礎・材料・共通部門誌),36巻 10号 (頁 641 ~ 648) ,2016年09月,白濱弘幸,細田宏樹,岳野公人,山岡武邦

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Development and Evaluation of Teaching Materials to Promote Intellectual Curiosity that Leads to the Understanding of Nature for Elementary School Students,International Conference on Science, Technology & Education (Technology, Hand-making, Engineering Education, Energy & Environment) 2016(ICSTE 2019) (頁 7 ~ 10) ,2016年09月,Takekuni TAMAOKA, Hiroyuki SHIRAHAMA, Kimihito TAKENO, Shinji MATSUMOTO

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 環境学習とものづくり,風間書房,2016年,岳野公人

    単行本(学術書),単著

  • 技術・家庭学習指導書 内容偏D情報に関する技術,開隆堂,2016年,岳野公人

    教科書,分担執筆

  • 木育・森育実践資料集,NPO法人木づかい子育てネットワーク,2016年,服部浩司,岳野公人

    単行本(一般書),分担執筆

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本産業技術教育学会第32回情報分科会(新潟),国内会議,2017年02月,高等学校理科・情報科におけるSTEM教育を基盤とした放射線教育プログラムの実践,口頭(一般)

  • 日本産業技術教育学会 第33回近畿支部研究発表会(大阪),国内会議,2016年12月,現場教員と大学生を対象としたSTEM教育に関する科学的思の調査報告,口頭(一般)

  • 日本産業技術教育学会 第21回技術教育分科会(熊本),国内会議,2016年12月,理工系研究者の考えるSTEM教育に関する科学的思考の基礎・基本,口頭(一般)

  • 日本産業教育学会 第59回 全国大会(京都),国内会議,2016年08月,米国におけるSTEM教育の位置づけ,口頭(一般)

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 草津市社会実験推進事業,受託事業,未設定,未設定,2016年11月 ~ 2017年02月,草津市

  • 平成28年度研究成果の社会還元・普及事業,受託事業,未設定,未設定,2016年05月 ~ 2017年03月,独立行政法人日本学術振興会

  • 平成28年度地域共生型社会推進事業助成のため,寄附金,未設定,未設定,2016年,一般社団法人滋賀県民間社会福祉事業職員共済会

  • 平成27年度研究成果の社会還元・普及事業,受託事業,未設定,未設定,2015年

  • 草津市社会実験推進事業,受託事業,未設定,未設定,2015年

全件表示 >>

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「里山活動を通した持続可能なライフスタイルの検討/学校教育におけるものづくり学習に関する研究」,【キーワード】森林環境/里山活動/家具制作/家具デザイン/ものづくり学習, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/68.takeno.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 教職実践演習(教諭),2017年10月  -  2018年03月

  • 中等技術科教材内容論Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 製図,2017年10月  -  2018年03月

  • 技術科教育演習,2017年10月  -  2018年03月

  • 技術教育課題研究,2017年04月  -  2018年03月

全件表示 >>