基本情報

写真a

大平 雅子

OHIRA Masako


職名

准教授

研究分野・キーワード

応用健康科学、生体医工学、子ども学

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

077-537-7726

ホームページ

http://www.ohira-lab.jp/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 京都工芸繊維大学  繊維学部  応用生物学科

    大学,2005年03月,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院  修士課程医学系研究科  医科学専攻

    修士課程,2007年03月,修了,日本

  • 大阪大学大学院  博士課程医学系研究科  予防環境医学専攻

    博士課程,2011年03月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),衛生学・公衆衛生学,大阪大学,課程,2011年03月

  • 修士(医科学),衛生学・公衆衛生学,大阪大学,課程,2007年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,その他,講師,2011年10月 ~ 2015年03月

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 長岡技術科学大学  産学融合トップランナー養成センター,産学官連携研究員,2011年04月 ~ 2011年09月

  • 滋賀医科大学 医学部,客員講師,2014年11月 ~ 2016年03月

  • 滋賀医科大学 医学部,客員准教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本ストレス学会,2007年 ~ 継続中,日本

  • 日本睡眠学会,2010年 ~ 継続中,日本

  • 日本衛生学会,2010年 ~ 継続中,日本

  • 日本生体医工学会,2011年 ~ 継続中,日本

  • 滋賀県学校保健学会,2012年 ~ 継続中,日本

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用健康科学

  • 生体医工学・生体材料学

  • 子ども学(子ども環境学)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 爪に含まれるコルチゾールの定量手法の検討―粉砕粒度と抽出時間の検討―,生理心理学と精神生理学,2017年,井澤修平,吉田怜楠,大平雅子,山口歩,野村収作.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 毛髪に含まれるストレスバイオマーカー抽出量に及ぼす抽出時間および粉砕手法の影響,生理人類学会誌,22巻 3号 ,2017年,大平雅子,吉田怜楠,山口歩,井澤修平,本多元,野村収作.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Evaluation of a portable two-channel electroencephalogram monitoring system to analyze sleep stages,Journal of Oral Sleep Medicine,2巻 2号 (頁 101 ~ 108) ,2016年,Kanemura T, Kadotani H, Matsuo M, Masuda F, Fujiwara K, Ohira M, Yamada N.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 唾液中テストステロンによる小中学校教員のストレス評価,日本感性工学会論文誌,15巻 4号 (頁 479 ~ 484) ,2016年,大平雅子,松崎有純,藤本理沙子,野村収作.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Comparisons of Portable Sleep Monitors of Different Modalities: Potential as Naturalistic Sleep Recorders,Frontiers in Neurology,2016年,Matsuo M, Masuda F, Sumi Y, Takahashi M, Yamada N, Hasegawa-Ohira M, Fujiwara K, Kanemura T, Kadotani H.

    DOI:10.3389/fneur.2016.00110,研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 太極拳が精神的・身体的健康度に及ぼす効果,日本衛生学雑誌,65巻 4号 (頁 500 ~ 505) ,2010年,大平雅子、戸田雅裕、田麗、森本兼曩

    総説・解説(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第43回滋賀県学校保健学会,国内会議,2017年02月,滋賀県大津市,社会的養護を必要とする者の進路選択の要因分析 ー聞き取り調査の結果からー,口頭(一般)

  • 第7回 Ambient Feedback System 研究会,国内会議,2017年02月,新潟県湯沢市,クーリングダウンの実施が睡眠の質や翌日の疲労感に及ぼす影響,ポスター(一般)

  • 第7回 Ambient Feedback System 研究会,国内会議,2017年02月,新潟県湯沢市,対人関係におけるストレスが睡眠の質に及ばす影響―中学生と大学生の比較―,ポスター(一般)

  • 第7回 Ambient Feedback System 研究会,国内会議,2017年02月,新潟県湯沢市,野球選手の教育背景が心理的競技能力に及ぼす影響,ポスター(一般)

  • 第7回 Ambient Feedback System 研究会,国内会議,2017年02月,新潟県湯沢市,短時間仮眠前の香り呈示が仮眠の質に及ぼす影響,ポスター(一般)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学シンポジウム ベストリサーチアワード,2016年09月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,生体医工学シンポジウム2016組織委員会/一般財団法人日本生体医工学会

  • 第25回日本睡眠環境学会学術大会 優秀発表賞,2016年09月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,日本睡眠環境学会

  • 第63回近畿学校保健学会奨励賞,2016年06月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,近畿学校保健学会

  • 滋賀大学職員表彰「学長賞」,2014年03月,その他の賞,日本,滋賀大学

  • 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2013(LIFE2013)若手プレゼンテーション賞,2013年09月,国内学会・会議・シンポジウム等の賞,日本,一般社団法人日本機械学会

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本ストレス学会,評議員,2015年 ~ 継続中

  • 近畿学校保健学会,評議員,2014年 ~ 継続中

  • 滋賀県学校保健学会,評議員,2012年 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 運動後のセルフマッサージ介入が「睡眠の質」に及ぼす影響評価,寄附金,未設定,未設定,2017年07月 ~ 2017年10月,公益財団法人石本記念デサントスポーツ科学振興財団 平成29年度スポーツ科学学術研究

  • 生理機能に基づくレビー小体型認知症早期診断ウェアラブルデバイスの開発,基盤研究(A),未設定,未設定,2017年04月 ~ 2021年03月

    科学研究費 基盤研究(A):分担研究者

  • 学校教育における睡眠教育指導者養成プログラムの新規開発と評価,基盤研究(C),未設定,未設定,2017年04月 ~ 2021年03月

    科学研究費 基盤研究(C):分担研究者

  • 乳幼児の日中活動陵が唾液中および尿中のホルモン分泌に及ぼす影響,寄附金,未設定,未設定,2016年09月 ~ 2017年11月,公益財団法人発達科学研究教育センター

  • 23rd Congress of the European Sleep Research Society “Association between variations in salivary cortisol secretion during sleep and subjective daytime sleepiness”,寄附金,未設定,未設定,2016年,公益財団法人福田記念医療技術振興財団 平成28年度国際交流助成

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 健康科学〔指導演習〕,2017年10月  -  2018年03月

  • 学校保健Ⅱ(学校安全及び救急処置を含む。),2017年10月  -  2018年03月

  • 子どもの保健Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 健康学演習,2017年10月  -  2018年03月

  • 保健栄養学,2017年10月  -  2018年03月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 滋賀県草津市みのり保育園 両親講座 講師,2017年06月

  • 唐崎ブロック人権教育研究会 生活・健康を考える部会 講師,2017年06月

  • 『平成28年度草津っ子シンポジウム』コーディネーター,2017年02月

  • 唐崎ブロック人権教育研究会 生活・健康を考える部会 講師,2017年02月

  • 宇治市保健師・養護教諭研修会 講師,2016年11月

全件表示 >>