基本情報

写真a

大井 修吾

Ohi Shugo


職名

特任講師

研究分野・キーワード

鉱物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),岩石・鉱物・鉱床学,京都大学,課程,2009年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,特任講師,2015年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 岩石・鉱物・鉱床学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Phase transitions between high- and low-temperature orthopyroxene in the Mg2Si2O6-Fe2Si2O6 system,American Mineralogist,101巻 (頁 1414 ~ 1422) ,2016年01月,Shugo Ohi, Akira Miyake

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Stability field of the high-temperature orthorhombic phase in the enstatite-diopside system.,American Mineralogist,95巻 (頁 1267 ~ 1275) ,2010年04月,Shugo Ohi, Akira Miyake, Masatomo Yashima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • An isosymmetric phase transition of orthopyroxene found by high-temperature X-ray diffraction.,American Mineralogist,93巻 (頁 1682 ~ 1685) ,2008年07月,Shugo Ohi, Akira Miyake, Norimasa Shimobayashi, Masatomo Yashima, Masao Kitamura

    研究論文(学術雑誌),共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Goldschmid,国際会議,2016年06月 ~ 2016年07月,Phase relationships in the system of pyroxene quadrilateral at high temperature and atmospheric pressure,ポスター(一般)

  • International Mineralogical Association,国際会議,2014年07月,Phase transition between high- and low-temperature orthopyroxene in the Mg2Si2O6-Fe2Si2O6 system.,ポスター(一般)

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「Ca-Mg-Fe 系輝石の相関系について」,【キーワード】主要造岩鉱物/合成実験/X線回折実験/高温その場観察, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/47.ohi_.pdf

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 造岩鉱物学演習,2017年10月  -  2018年03月

  • 地学実験Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

  • 地学演習ⅡB,2017年10月  -  2018年03月

  • 地質・鉱物科学,2017年10月  -  2018年03月

  • 基礎地学Ⅱ,2017年10月  -  2018年03月

全件表示 >>