基本情報

写真a

恒川 雅典

TSUNEKAWA MASANORI


職名

教授

学系

自然科学系

研究分野・キーワード

固体電子物性、放射光

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  基礎工学研究科  物理系

    博士課程,2005年03月,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),物性Ⅰ,大阪大学,課程,2005年03月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 教育学部,講師,2009年04月 ~ 2014年03月

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2014年04月 ~ 2018年03月

  • 滋賀大学 教育学部,教授,2018年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会,2002年04月 ~ 継続中,日本

  • 日本放射光学会,2003年10月 ~ 継続中,日本

  • アメリカ物理学会,2015年01月 ~ 継続中,その他の国

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 金属物性・材料

  • 物性Ⅰ

  • 物性Ⅱ

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Soft X-ray photoemission study of Co<SUB>2</SUB>(Cr<SUB>1-x</SUB>Fe<SUB>x</SUB>)Ga Heusler compounds,Japanese Journal of Applied Physics,54巻 8号 ,2015年07月,M. Tsunekawa, Y. Hattori, A. Sekiyama, H. Fujiwara, S. Suga, T. Muro, T. Kanomata, and S. Imada

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Electronic structure of Mott-insulator CaCu<sub>3</sub>Ti<sub>4</sub>O<sub>12</sub>: Photoemission and inverse photoemission study,Solid State Communications,217巻 (頁 17 ~ 20) ,2015年05月,H.J. Im, M. Iwataki, S. Yamazaki, T. Usui, S. Adachi, M. Tsunekawa, T. Watanabe, K. Takegahara, S. Kimura, M. Matsunami, H. Sato, H. Namatame, and M. Taniguchi

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Spin reorientation and large magnetic anisotropy of metastable bcc Co islands on Au(001),Physical Review B,90巻 ,2014年11月,T. Miyamachi, T. Kawagoe, S. Imada, M. Tsunekawa, H. Fujiwara, M. Geshi, A. Sekiyama, K. Fukumoto, F. H. Chang, H. J. Lin, F. Kronast, H. D&#252;rr, C. T. Chen, and S. Suga

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Strong correlation effects in the A-site ordered perovskite CaCu<sub>3</sub>Ti<sub>4</sub>O<sub>12</sub> revealed by angle-resolved photoemission spectroscopy,Physical Review B,88巻 ,2013年11月,H. J. Im, M. Tsunekawa, T. Sakurada, M. Iwataki, K. Kawata, T. Watanabe, K. Takegahara, H. Miyazaki, M. Matsunami, T. Hajiri, and S. Kimura

    研究論文(学術雑誌),共著

  • Intrinsic correlated electronic structure of CrO<SUB>2</SUB> revealed by hard x-ray photoemission spectroscopy,Physical Review B,87巻 ,2013年06月,M. Sperlich, C. Koenig, G. Guentherodt, A. Sekiyama, G. Funabashi, M. Tsunekawa, S. Imada, A. Shigemoto, K. Okada, A. Higashiya, M. Yabashi, K. Tamasaku, T. Ishikawa, V. Renken, T. Allmers, M. Donath, and S. Suga

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会 2015年秋 秋季大会,国内会議,2015年09月,Co<SUB>2</SUB>FeGaの軟X線光電子分光,ポスター(一般)

  • 11th International Conference on Electronic Spectroscopy and Structure,国際会議,2009年10月,Bulk Electronic Structures and Strong Electron-Phonon Interactions in an Electron-Doped High-Temperature Superconductor,ポスター(一般)

  • 日本物理学会 第63回 秋季大会,国内会議,2008年09月,電子ドープ型銅酸化物超伝導体Nd<SUB>2-x</SUB>Ce<SUB>x</SUB>CuO<SUB>4</SUB>(x=0.075, 0.15)のバルク電子状態と強い電子格子相互作用,ポスター(一般)

  • 日本物理学会 第62回 秋季大会,国内会議,2007年09月,ハーフメタル特性を示すホイスラー化合物Co<SUB>2</SUB>CrGaの軟X線光電子分光,ポスター(一般)

  • 日本物理学会 第61回 秋季大会,国内会議,2006年09月,Ce(Fe<SUB>0.8</SUB>Co<SUB>0.2</SUB>)<SUB>2</SUB>の内殻吸収磁気円二色性,ポスター(一般)

全件表示 >>

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • アメリカ物理学会,その他の役職,2015年01月 ~ 継続中

  • 日本放射光学会,その他の役職,2004年 ~ 継続中

  • 日本物理学会,その他の役職,1996年 ~ 継続中

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 元素選択電子分光による室温「高スピン偏極」合金のスピン 電子状態解明,若手研究(B),2008年04月 ~ 2010年03月

  • 室温磁気冷凍材料のX線光電子分光による磁場 誘起磁気一次相転移メカニズムの解明,研究活動スタート支援,2006年04月 ~ 2008年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 卒業論文,2018年10月 ~ 2019年03月

  • 理科教育課題研究(中高),2018年04月 ~ 2019年03月

  • 卒業論文,2018年04月 ~ 2019年03月

  • 理科教育課題研究(小),2018年04月 ~ 2019年03月

  • エネルギー特論,2018年04月 ~ 2018年09月

全件表示 >>

 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 青少年のための科学の祭典 滋賀大会実行委員,2009年05月 ~ 2016年