基本情報

写真a

宮本 結佳

Miyamoto Yuka


職名

准教授

生年

1981年

研究分野・キーワード

環境社会学 景観 地域再生 環境運動

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 奈良女子大学  人間文化研究科

    博士課程,2010年03月,その他,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会科学),社会科学,奈良女子大学,課程,2010年

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 環境総合研究センター,講師,2011年04月 ~ 2015年03月

  • 滋賀大学 教育学部,准教授,2015年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 特別研究員(DC2) その他の部署,研究員,2009年04月 ~ 2010年03月

  • 日本学術振興会 特別研究員(PD) その他の部署,研究員,2010年04月 ~ 2011年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 環境社会学会,,日本

  • 関西社会学会,,日本

  • 西日本社会学会,,日本

  • 日本社会学会,,日本

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • アートプロジェクトを通じた景観創造と地域再生に関する環境社会学的研究,2007年

    現代アート 地域再生 景観,社会学,個人研究,(選択しない)

論文 【 表示 / 非表示

  • 負の歴史的遺産における生活実践の伝承可能性 : ハンセン病療養所におけるアートプロジェクトを事例として,環境社会学研究,21巻 (頁 41 ~ 55) ,2015年12月,宮本結佳

    研究論文(学術雑誌),単著

  • アートの地域づくりにおいて「地域の文脈」が果たす役割 : 作品における生活景の表出に注目して,彦根論叢,400巻 ,2014年,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著

  • 住民の認識転換を通じた地域表象の創出過程-香川県直島におけるアートプロジェクトを事例にして-,社会学評論,63巻 3号 (頁 391 ~ 407) ,2012年,その他の著者

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 離島の地域福祉と事業型NPO : 香川県丸亀市広島の事例(上),香川大学教育学部研究報告. 第1部,138巻 ,2012年,室井研二・宮本結佳

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 離島の地域福祉と事業型NPO : 香川県丸亀市広島の事例(下),香川大学教育学部研究報告. 第1部,138巻 ,2012年,室井研二・宮本結佳

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • (分担執筆)『レジャーの空間−諸相とアプローチ−』(11章「現代アートの空間形成と担い手の活動」を執筆),124-133,,神田孝治編

    その他,分担執筆

  • (分担執筆)『よくわかる環境社会学』(コラム「島の開発と現代アートのまちづくり」を執筆),175,,鳥越皓之・帯谷博明編

    その他,分担執筆

総説・解説記事(速報、書評、報告書、記事他) 【 表示 / 非表示

  • 現代アートと地域の出会いー新たな資源創出の過程,αシノドス214号 (頁 34 ~ 42) ,2017年02月,宮本結佳

    その他記事,単著

競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 持続可能な地域づくりに寄与するアートプロジェクトの展開可能性に関する研究,若手研究(B),未設定,未設定,2016年04月 ~ 2020年03月

  • 周縁地域での内発的地域づくりの可能性―アートプロジェクトによる景観創造に注目して,若手研究(B),未設定,未設定,2012年04月 ~ 2016年03月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 社会学演習,2017年10月  -  2018年03月

  • 社会環境演習Ⅲ,2017年10月  -  2018年03月

  • 社会学概説,2017年10月  -  2018年03月

  • 社会学特論,2017年04月  -  2017年09月

  • 社会環境演習Ⅰ,2017年04月  -  2017年09月

全件表示 >>