基本情報

写真a

中村 正久

NAKAMURA MASAHISA


職名

特別招聘教授

生年

1945年

メールアドレス

メールアドレス

プロフィール

環境政策、とくに琵琶湖淀川水系を含む湖沼流域管理に関する国際比較研究に力を入れている。国内外の研究者との広い交流とネットワークを生かし、政策形成の現場に幅広い応用政策科学の知見をどのように反映すべきなのか、反映できるのか試行錯誤している。国際機関との協力、途上国支援、国際NGO活動などを通して常に最新の課題を追求し、その解決に向けた国際研究連携を様々なかたちで推進していきたい。

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  工学部  衛生工学科

    大学,1968年,卒業,日本

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • アメリカ合衆国州立ワシントン大学大学院  土木工学科

    博士課程,1969年,その他,アメリカ合衆国

  • アメリカ合衆国州立イリノイ大学大学院  土木環境工学科  環境工学

    博士課程,1977年,その他,アメリカ合衆国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 環境工学博士,その他の分野,アメリカ合衆国州立イリノイ大学大学院,課程,1977年07月

学内職歴 【 表示 / 非表示

  • 滋賀大学 環境総合研究センター,特別招聘教授,2015年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境保全

  • 土木環境システム

  • 環境影響評価

  • 環境計画学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of ILBM Platform Process: Evolving Guidelines through Participatory Improvement, 2nd Edition,その他の掲載誌,2014年,その他の著者

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • Payments for watershed services: Directing incentives for improving lake basin governance,Lakes & Reservoirs: Research and Management,17巻 3号 (頁 191 ~ 206) ,2012年09月,その他の著者

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Evolving History of Lake Biwa and the Yodo River Basin Management, in 'Lake Biwa -Interaction between people and nature",その他の掲載誌,2012年,その他の著者

    研究論文(学術雑誌),共著

  • アフリカにおけるILBMプラットフォーム・プロセスの推進 Challenges in Development of ILBM Platform Process in Africa,その他の掲載誌,2012年,その他の著者

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • Guidelines for Lake Brief Preparation,その他の掲載誌,2012年,その他の著者

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 「流域ガバナンスとは何か:流域政策研究フォーラム報告書」,その他の出版機関,,その他の著者

    その他,共著

  • Guidelines For Lake Brief Preparation,その他の出版機関,,その他の著者

    その他,単著

  • 「流域ガバナンス、2008-2010年度 特定課題分野研究の概要」,その他の出版機関,,その他の著者

    その他,共著

  • 「琵琶湖とラグナ湖流域の自連に見る市民・学生の視点からのアプローチ」,その他の出版機関,,その他の著者

    その他,共著

  • 「湖沼流域ガバナンス研究推進活動の概要 2008年度」,その他の出版機関,,その他の著者

    その他,単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 京都新聞大賞 文化学術賞,2011年,その他の賞,日本,その他の授与機関

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本リスク研究学会 理事,その他の役職,1995年 ~ 1997年

  • 日本水環境学会 関西支部理事,その他の役職,1991年 ~ 2010年

  • (社)海外環境協力センター 理事,その他の役職,1900年

  • (財)都市技術センター 理事,その他の役職,1900年

  • 琵琶湖淀川水質保全機構 学術委員,その他の役職,1900年

全件表示 >>

共同研究希望テーマ・研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 湖沼流域ガバナンス,大学等の研究機関との共同研究を希望する

  • 統合的湖沼流域管理, 

  • (滋賀大学シーズ集No.13より)【代表的な研究テーマ】「琵琶湖・淀川水系の流域制度の研究/世界の湖沼・河川流域制度の研究」,【キーワード】流域環境政策/水循環基本計画/流域ガバナンス/琵琶湖・淀川/世界の湖沼流域/世界湖沼会議/アジアの環境問題, 

    (詳細は以下のURLに掲載しております。)
    http://www.shiga-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/09/78.nakamura.pdf

 
 
 

社会貢献 【 表示 / 非表示

  • 統合的水資源管理についての基本概念の説明と、世界で実践されようとしている具体的な内容、とその課題,2014年10月

  • 琵琶湖の将来をどう描くか?湖沼流域管理の視点から,2014年07月

  • フィリピンILBMハートウェア専門家国際ワークショップ,2014年03月

  • 福井 IPS公開フォーラム「SATOYAMA イニシアティブ国際パートナーシップ」,2013年09月

  • 「世界と琵琶湖ハートウェア(心・文化・記憶)国際シンポジウム」,2013年03月

全件表示 >>